薬剤師と社会保険・産休育休

雇用形態別・メリット・デメリット

正社員

薬剤師は他の業種に比べて正社員登用がされやすいと言います。
安定した給与・生活を維持したいという方には正社員をおすすめします。給与の面だけではなく、福利厚生やボーナス、賞与などあらゆる待遇・サポートが受けられるのが正社員の最大のメリットです。デメリットはキャリアアップに応じて、異動の可能性があることでしょう。

契約社員

正社員との大きな違いは有期雇用であること、退職金の有無になります。
契約期間の更新もありますが、昇給や賞与などにも違いがあることが多く、待遇面で言えば正社員の方がメリットは大きいといえます。
ただし、労働条件(勤務時間や勤務曜日、異動がないなど)が正社員よりも限定されていることが多く、給与よりも働き方を重視する方には重宝されることも多いようです。

パート・アルバイト

自分の都合に合わせた働き方を選択できます。
正社員と違い業務責任が重くないというのもメリットですが、その分給与や待遇面については社員よりも低いです。自分の都合に合わせた働き方をしたいという方や近所で働きたいという方、異動や残業はできないという方にはパート・アルバイトをおすすめします。やりがいやキャリアを積みたいという方には不向きです。

派遣

パート・アルバイトと同じように自分の都合に合わせた働き方が選択できます。しかし派遣の場合は、雇用主が勤務先ではなく派遣会社になります。給与は正社員に比べ高い場合もありますが、契約期間の打ち切りリスクというデメリットもあります。福利厚生や賞与が出るかどうかは登録している派遣会社次第であり、実際に勤務する職場だけではなく、派遣会社も自分に合ったところを選択する必要があります。

パートの社会保険加入条件

正社員のメリットとしてよくあげられる社会保険の加入。
しかしこれはパート・アルバイトの方にも当てはまる場合があります。2017年10月から条件付きで、社会保険加入の条件が変わっています。

基本的な社会保険加入条件
■1日の労働時間が正社員のおおよそ4分の3以上
■1ヶ月の労働時間が正社員のおおよそ4分の3以上
(正社員の労働時間が週40時間の場合:週30時間以上労働時間があれば加入の対象となる)
2016年10月以降に追加された社会保険加入条件
■社会保険加入済の従業員が501名以上在籍している企業
■週20時間以上の労働
■年の収入が106万以上
■月の収入が88,000円以上
■雇用期間が1年以上

大手のドラッグストアなどに勤務するパート・アルバイトの薬剤師であればほとんどクリアしてしまいそうです。この501人という企業規模については期限のある処置になります。今後、人数の少ない企業でもこれらの条件で適応される可能性もあります。

パート収入のボーダーライン(扶養内と扶養外)

結婚などでパートナーの扶養に入りたいという方にとって気になるのは扶養のボーダーラインでしょう。扶養には【所得税の扶養】【社会保険の扶養】の2つ存在します。

所得税の扶養

扶養控除と称した方がわかりやすいかもしれません。
扶養家族としている人間の所得が38万円以下の場合、所得税の扶養内と考えられます。
給与所得控除の最低金額が65万円ですから、年の収入を103万以内に留めておけば所得税の扶養内と考えられます。

社会保険の扶養

パートナーや家族の保険扶養に入りたいと考えるなら年間の収入を106万円に抑える必要があります。ただしこれは上でも説明した従業員501人以上の企業に勤めていた場合です。
規模の小さい企業・薬局・病院の場合は現段階ではまだ、よく言われる130万円の壁を超えなければ社会保険の扶養範囲です。いずれも超えれば自分で勤務先の社会保険に加入することになり、社会保険料を支払うことになります。

産休育休制度

産前産後休業

産前6週・産後8週の女性は雇用主に申請すれば休業を得ることができ、またその期間社会保険免除や一時給付金などのサポートを受けることが可能です。原則、雇用期間・雇用形態問わず出産を行うすべての女性が取得できます。ただし、薬剤師国保など国民健康保険加入者の場合は、保険料免除や出産手当金支給はなく、出産育児一時金のみ支給対象となります。

育児休業

男性でも取得が可能です。原則1年ですが、保育園に入園できない場合、最長で子供が2歳になるまで取得が可能です(2017年10月から)。
育休取得期間中は社会保険料の免除と育児給付金の支給があります。ただし、薬剤師国保など国民健康保険加入者の場合は、保険料の免除はありません。

取得条件
■1年以上雇用されている
■週の労働日数が2日以上ある
■子供が1歳なった以降も雇用が見込まれている

たとえば転職して11ヶ月で出産した場合、産休はとれますが育休はとれないということになります。

自分に合った求人が見つからない方は コンサルタントにお任せください!
求人リクエストをする