ホーム
求人検索
業種別検索
> 調剤薬局で働く

業種別特集 調剤薬局

2014年 調剤薬局への転職予報

東海エリア

名古屋市中心部は徐々に充足傾向で特に地下鉄沿線は人気。一方で郊外エリアは不足気味で、6年制薬剤師の増加の影響は数年は無いと思われます。愛知以外の岐阜、三重、静岡についても、一部エリアを除いて慢性的な人材不足の状態が続いているので、求職者有利の状況です。

首都圏エリア

23区、特に山手線内側を中心に充足気味。その他、東急沿線や東西線沿線など、沿線単位での集中が見られています。狙い目は郊外の東京都下や23区でも交通が比較的不便な足立区や大田区など、中心部から外側に向かうエリアは比較的空きが見られます。

調剤薬局のメリットとデメリット

メリット
  • 総合病院門前や複数クリニック対応により幅広い知識を習得可能。薬局によっては総合病院を凌ぐ1500品目以上の在庫を持つ薬局もあります。
  • 多店舗展開により、人間関係のリスクが軽減。会社を辞めることなく、異動によって人間関係の問題を解消することができます。
  • キャリアアップにより調剤業務だけでなく、教育や学術、店舗開発など様々な職種が用意されています。
  • 産休育休や時短勤務など、労務環境が整備されている企業が多い。
デメリット
  • 個々のキャリアアップを考え、異動の可能性があります。
  • 病院に比べて他職種との接点が少ない。
どんなメリットがあるのかな?
こんな方にオススメ
  • 調剤業務だけに留まらず、人を教える、育てるようなことにも積極的に関わっていきたい方
  • ライフワークバランスを大切にしたい方
  • 結婚や出産まで見据えて、長く勤務できる制度が整っている職場を希望する方
  • 調剤スキルの向上と収入の両方を充実させたい方

自分で探す時間が無いので、希望に

合う求人を代わりに探して欲しい

という方

仕事探しから年収交渉まで・・・

無料転職サポートに申し込みをする

調剤薬局に転職を考えているけど、

不安があるので相談してみたい、

という方

職場の悩みから転職相談まで・・・

無料相談会に申し込みをする

とりあえず、

具体的な求人を探してみたい

という方

土日休みや高収入もある

こだわり求人検索をする
TOP